2019年10月12日土曜日

子供達どのくらい寝てますか?

休むこと。
身体を休ませること。
これが心身の成長にとってとても大切だと思っています。

なるべく早く寝て欲しいですよね。

中学生時代の同級生で193せセンチある友達がいます。
中学卒業時185センチ
成人後彼にどうしてそんなに大きくなったの?
って聞いたら、
あんまりたくさんは食べた記憶はないけど、小学生の時、夜8時には寝ていた。
多分たくさん寝たからじゃないかな。
言っていました笑

それだけじゃないだろう??笑
と思ってましたが、
やはり寝ることってとても大切。
というか身体を休めることが大切なんだと思います。
何かを教えることはできるけど、背を高くすることはできません、、

うーん。今日はなんだか疲れてんだろうな?
っていう子供もいます。いつもと違う。明らかに様子がおかしい。

テニス界のスーパーレジェンド
ロジャーフェデラー選手も
睡眠が最も大切。
と話してますね。

これだけでも早く寝たほうが良いんだな。
と納得できます。

また、東大生も子供のとき寝る時間は平均して早いというデータもあります。

ついつい
帰ってきて子供と遊んで寝るの遅くなる。
みたいなパターンありますよね?
そして、嫁に怒られるという、、

寝ましょう。
寝る子は育つ。
多分ホントですね。

eto

2019年10月11日金曜日

全力を出させる方法

子供達本当に走るのが好きです。
中でも鬼ごっこが大好き。
いろんなルールや名前があるらしくて、
子供達に決めてもらいます。
僕は知らないものもあります笑

良い運動です。
相手との距離感や駆け引き、動きの切り返し。
ラグビーやサッカーにもいかせますよね。
単純に体力もつきますね。
コートの幅を知るのも良いです。
最初はサービスエリアからシングルスコート、ダブルスコートへと。

昨日のレッスンも何したい?
と聞いたら鬼ごっこというので
どのくらいやっただろう笑?

こんなに鬼ごっこって楽しいものでしたっけ?
って保護者と話ながら笑
楽しそうに全力でやってます。
全力でやるから良いですよね。
あんなに楽しそうに全力を引き出すことってなかなか出来ません。
遊びこそ本気でやる。
ってこういうことなのかもしれないですね。

eto




2019年10月7日月曜日

姿勢を良くするためのトレーニングはありますか?

先日こんな質問を受けました。
『息子が中学生でサッカーをやっています。
コーチに『姿勢が悪い。姿勢を良くしろ。姿勢が悪いから怪我が多い』
と言われ、
姿勢を良くするためのトレーニングはありますか?』
というものでした。

まずコーチが『姿勢が悪い』って本人に言うこと自体びっくりしましたが、、
どういう風に『姿勢を良くしろ』と言っているのかわかりませんが
単純によく言われる『胸を張れ』『背筋を伸ばせ』で
怪我が減るのでしょうか?

姿勢が良い

ってどういう状態のことを言うのでしょう?
以前、子供の姿勢についてこのブログでも触れたことがあります。

姿勢といってもその人の性格的なものも出るので、
多分子供本人も何が正しい姿勢なのかわかってない、ちんぷんかんぷんなはず、、
僕も意味がよくわからないことを子供の時言われました。

姿勢良くしたり、体力をつけるためにスポーツをしているはずなのに
スポーツのために運動をするって何かおかしいですよね。
一つのスポーツだけをしているとこのようなことが起こり得ます。

そのあと、
お母さんはその子の姿勢をどう思いますか?
病院では何て言われましたか?
など、子供の様子を色々と聞き
週4以上でサッカーだけをしていると言っていたので
サッカー以外の運動もしたほうがいいということ

口呼吸をしてないですか?
口がいつも空いているようでしたら
鼻呼吸をするように言ってみてください。

まずは簡単なことからで良いと思いますし、
姿勢が悪いというところだけでに気を取られすぎなくて良いです。
もしかしたら何も悪くないかもしれない。
単純にサッカーのやり過ぎかもしれないです。
様子を見てください。
それでも本人が気にするようでしたり、
怪我が治らない場合(病院に行って骨や筋肉の異常ではないそう)は
またご相談ください。

とお話をしました。
少しお話しをしただけですが、スッキリしたようです。

心配になりますよね。
繰り返しますが、幼少期にどういう運動体験をするか?が大事です。
多様な動き、遊びながら五感を使うこと。
今日もレッスン何しようか。考え中です。


eto

2019年10月5日土曜日

君はどう思う?

常識が壊れていく時代。
脳科学者の茂木さんがそう仰ってました。
今までとは全く違う価値観や問題が生まれてきている時代ですよね。

そんな中いろんなところで
教育の重要性に関する議論がなされていますね。
仕事上そういうところに目がいくのか。集まってくるのか。
先日ある動画を見ていたところ

『君はどう思う??』
これが特に今大事なんじゃないか?と議論していました。

たしかに、そんなこと小さいときに聞かれたことなかったです。
そのかたも言われたことない。
と言っていました。

なんでだと思う??
どうしたい?
どう感じた?
どうしたかった?
どう思う?

もう正解を求める時代ではなくなってますもんね。

僕もレッスン中や息子に聞くことがあります。
どうだった?これどう思う?どう感じた?
『わからない』『知らない』って言われることもあります。
何でもいいから感じたこと思ったことを話して欲しいのに
『知らない』はおかしいですよね。

ただ、言葉を引き出すのって本当に難しいです。
そして、言葉にすることはもっと難しいです。
質問を通して考え、
強く感じたこと、想いというのを自分で受け取る、
大切に扱うということが大事なんだと思います。

言語化すること自体脳にもよい刺激となりますし、脳への定着率も高まります。
自戒をこめて、自分にも問いたいです。
『どう思いますか?』

eto

2019年10月3日木曜日

楽天オープンテニス観に行ってきました

楽天オープンテニスが始まりましたね。
僕は初日遊びに行っていきました。

新しくなった有明コロシアム。
席が新しくなり、席数は増えてないのかな?
色がカラフルになったからかな。
何だか広く感じました。

フードコートも出来たり、トイレも新しくなってました。
これは嬉しい。古かったですもんね、、

毎年遊びに行かせてもらってますが、
もう少しご飯を食べるスペースや出店が出てると嬉しいな。
と感じました。
ただ、メーカーさんのブースでは子供も楽しめるような工夫もあり
特にお世話になっているウィルソンさんのブースは
Tシャツに絵を描いたり、写真を撮れたりなど
親子でも楽しめる内容で、一緒に行った長男もずっと遊んでいました。

試合はジョコビッチも観れたし、
日本人選手の試合もたくさん観れました。

お目当の若手注目選手20歳シャポバロフ選手の試合は見れず、、
いや〜バネがすごい。柔らかい、華がある。


優勝するんじゃないかな。金曜日観に行こうか。迷い中。
生で近くで見ると迫力あります。
凄すぎて簡単そうに見えるので全然参考にはならないですが、、
いいイメージはつかめますよね!

eto

2019年9月28日土曜日

体幹トレーニングしてるの??

ラグビーのW杯が始まりましたね。
満員ですごい盛り上がりですね!
今日のアイルランド戦!楽しみです。

それにしても身体大きい!!足早い!!すごい競技、、
幼少期どんな運動、生活をしていたんでしょうね。気になる、、

例えば、W杯歴代優勝2位のドイツのサッカー選手、
トップ選手であればあるほど、幼少期サッカーをやっていた時間が少ないそうです。
小さい頃はあまりサッカーをやっておらず、週に一度か二度とくらい。

何をやっていたかというとサッカー以外のスポーツや遊びがほとんど。
前大会3位であったベルギーなど、ヨーロッパのサッカー強豪国はほとんどだそうです。
日本はというと全く逆で
トップ選手ほど、幼少期にサッカーをやっていた時間が長い。
そして、多くのスポーツで小学生の全国大会があるのは日本くらいです。

単純にこれだけで
どちらの方が良いとは言い難いですが、
(例えば、体格の差や競技人口の差、コーチの問題なども勿論関係してきますよね)
学ぶべきことは多くありそうです。

一つのスポーツばかりに執着すると
いろいろな動作が身につかず、怪我を引き起こす、上達の頭打ち、
心身の健全な発育が望めないなどの問題が多く生じています。

このような問題が起きているということを、
指導者やクラブは知っておかねばなりません。

先日もある指導者とレッスンの話になり
半分くらいはボール打たないような時もあります。
って話をしたら
え?じゃあ体幹トレーニングとかしてるの?
って言われ
いや、そういうの全くしてないです。
何してるの?
みたいな会話になりました。

体幹トレーニングなどが小学生の子供たちに必要だとも思えません。
いわゆる大人がするようなトレーニングというほどのものもしてないです。

現状を把握し、子供達を理解しようとすること。
やり方だけを真似ても何の意味もありません。
どうしたいのか。何がしたいのか。
というビジョンや目的が指導者には求められますよね。

eto





2019年9月25日水曜日

認知予防と転倒防止

先日コナミスポーツクラブさんで
認知予防と転倒防止のための講座をおこないました。
30代から70代まで多くの方が参加してくださり、
『普段とは違った運動ができた』
『楽しく勉強になった』
『素敵な話をありがとう』
など嬉しいお言葉をたくさんいただきました。

以前、
認知症の方を二人、テニスレッスンしていたことがあるんです。

レッスンは別のクラスで時期は違いますが、
二人とも『テニスはやりたい』と言って、ラケットの準備はするそうなんですね。
ただ、翌朝になると忘れてる。コートの場所がわからない。
などもあり、ご家族の方が付き添いでレッスンに参加されてました。

認知症ってやっぱご家族も大変だな、、
やりたいことができなくなるのって残念だし、寂しいよなぁ。
と強く感じました。

今回コナミスポーツさんからお話をいただいて
何をしようかな?何ができるかな?と考えたときに
運動の指導をしていて、そういう経験をしていたので
自分が勉強、経験してきたことを伝えることで
少しでも不安を取り除き、また予防にもなり、なにかお役に立てれたら。
そんな想いもありこのセミナーを開催させていただきました。

そして、なるべく日常に特化したもの。シンプルなもの。簡単にできるもの
にしようと思い、
『呼吸』と『目の動き』をメインにエクササイズをやりました。

まずは目を動かすことです。
目の動きが悪くなると、姿勢の保持が難しくなり、バランス能力も落ちます。
目を動かすことで脳の中にある前庭器官(身体のバランスシステムを担う)
を強化することができ、
その近くにある海馬(記憶を司る)も刺激することができるので
バランスの能力と認知機能がアップします。

次に呼吸です。
呼吸力の低下は神経の働きの低下にも繋がり、交感神経も高まるので
ストレスフルな状態になります。
呼吸が深まると、副交感神経優位になり、心も落ち着きますし、
お腹に空気が入りますので体幹が安定します。

みなさん真剣に楽しみながらエクササイズをおこなっていました。
呼吸も深くなり、最後はだいぶリラックスした様子でした。

運動は単純に体力をつける、筋肉をつける、痩せるためだけのものではないです。
また、こういうイベントをやりたいですね!
という言葉もコナミスポーツさんからもいただきました!
コナミさんありがとうございました!

興味がある!受けてみたい!セミナーをやって欲しい。
などありましたらお気軽にご連絡くださいね!



eto

2019年9月23日月曜日

人のせいにする子を作るわけ

教育熱心な親が『人のせいにする子』を作るわけ

面白い記事を見つけました。
とっても参考になります。

麹町中学校の校長先生ユニークな学校政策で有名な方ですね。
ブレグランスは麹町中学校のテニス部の指導もおこなっております。
僕も先日の合宿では麹町中の生徒をメインに担当いたしました。

記事にあるように
「『子供のために』と熱心な取り組みが逆に子供の『自律』の機会を失わせている。」
これ本当によく思います。
あと、早期にやることが本当に意味があるのかな?とも。
よくトッププレーヤーなどが3歳から〜始めました。
ってありますが、そこだけを見て
何もかも安易に早くやらせた方がいい。とは限らないと思います。
何度も言っているように怪我を引き起こしたり、
貴重な運動体験を逃してしまう恐れがあります。

身近では、
保育園が一番しっかりこの記事のような考えを持ってやってくれてるんじゃないかな。
と思ったり。
先生達よく見てると勉強になります。
『なるほど。あ〜やって接するのか』と。
結構ほっといてるし、寄り添うところは、ゆっくり向き合ってくれているし
叱るところは叱ってくれてるように見えます。

大人が介入しすぎて、
子供の心身の発育の妨げになっていることって多くあるんでしょうね。
一つは運動の指導もそうですね。
教えすぎ、かまいすぎ、
多分もっとほおっておいても大丈夫。

ほおっておく自由にさせる時間って大切です。
打つ順番も綺麗に並ばなくても良いです。(怪我さえしなければ)
何より喋ったりワイワイ楽しそうです。
子供達順番抜かすような事もしません。

はい。休憩。自由に遊んで良いよ〜
って言うと子供達、喜んで走り出します。
自分達で鬼ごっこしたり、ボール使ったり、
この間は自分達でルールを決めて早歩きで鬼ごっこしていました。

スポーツは『遊び』が語源となってできた言葉です。
遊びながら身体を使い心身を成長させていきます。
大人はその見極めとタイミング、そして見守ることが大事ですね。

eto







2019年9月20日金曜日

集中しなさい!!って言うけれど、、

よく聞く集中力。
僕なんか全くないです。
家にいたら違うことが気になって全然仕事、作業出来ないです。

運動、身体を動かすことによって
前頭前野と海馬が大きくなることがわかっています。
つまり、
集中力、記憶力、注意力が上がるそうです。

運動、身体を動かすメリットはたくさんありますね。
これを知るだけで、あ!身体動かそう!と意欲が湧きますね。
運動は、筋肉、体力をつけるだけのものではないのです。

さて、集中力。前回集中力って何
でお話ししたように年齢の倍程度が子供が集中してられる時間だそうです。
例えば
同じことをずっとさせて、それが出来なくて、『集中力がない』
と判断するのは間違いです。

休ませれば良いし、もし、レッスンなら違うことをやれば良い。
また同じ練習でも、意識の向けかたを少し変えれば良いですね。

知っていれば悩まない事もあるし、指導の幅も広がるし、接し方も変わります。
経験だけ、方法だけの指導は間違いを生み、子供を困らせるだけかもしれませんね。
学ぶ意欲と理解しようとする努力が必要なのは大人の方ですね。


eto

2019年9月19日木曜日

やればやるほど上手くなる。そこに全く根拠はないし、誤りです

やればやるほど上手くなる。そこに全く根拠はないし、誤りです。
https://the-ans.jp/coaching/47361/

こんな記事がありました。
興味深いですね。

この記事のように5〜16歳の子供達には多様な動きを経験させ、
休暇などゆっくりさせる時間を与えるべきだと思います。
成長期の過度な運動は成長を阻害する恐れがあります。

練習もただ長い時間やれば良いわけではないですよね。
これは本当によく思います。
今でもずっとコートにいたり、長い練習メニューを見かけたりすると
疲れるだけだよな。と思う事がよくあります。

僕もテニスの練習はたくさんしましたし、毎日走っていたけど、
その分にテニスが強くなったようには思えなかったですね。
もう少しテニスから離れたり、
他にすることがあったように思えます。

このように明文化されてるって凄いですね。
今後このように日本もなっていくようになるといいですよね。


eto





2019年9月18日水曜日

裸足!

だいぶ涼しくなってきましたね。
もう、今年もあと少し、、早い、、

我が家では子供達も僕もなるべく裸足で過ごしています。
足の裏はとっても敏感です。
足の裏を刺激することは脳にもとっても良い影響を与えますし、
足部はたくさん骨があります。
指が動くことはバランス能力を高めます。
良い事ばかり。

以前レッスンを裸足でやった事もありました。
あの時は寒かったのに子供達積極的に裸足になり、
裸足のままずっとレッスンを受ける子もいました。

裸足ってやっぱり気持ちいいし、
僕も運動会の時は裸足で徒競走やリレーは走ってました。
そのほうが地面を掴む感覚があって、早く走れる気がしたんですよね。
今考えたら、靴があってなかったんでしょうけど、
本能的に裸足になりたいというのがあるのかもしれないですね。


eto


2019年9月12日木曜日

英語喋れますか?

英会話を2年ほど続けています。
レアジョブというオンライン英会話で一日25分。
skypeで教材をもとに会話をするというものです。
だいたいほぼ毎日やってましたが、
最近サボり気味、、これを期にまた続けます。

受験勉強で英語は勉強してきたのに全然喋れないんです。
まあまあ勉強してきたからなんとなく読めたりはするんです。
でも、聞き取れない、喋れない、、
海外行く度にこの挫折感はなんなんだ?
敗北感はなんだ?って思って。
今年もハワイで撃沈しましたw

勉強はしてたのに、身になってない。
使いたいときに全く使えない、、

手段は沢山あるけど、肝心の目的を見失っている。

だからやり直しですね。僕の英語に関しては。

子供達の運動に対しても、僕の英語みたいになってほしくない笑

運動はしてきたけど、スポーツはしてきたけど、、
何のために?どうして?

スポーツを通して学校とはまた違う学びを得るのが運動教室だと思っています。

指導者側が強く意識しないといけなくて
目的を誤ってはいけないですね。

やり方、方法はたくさんあるんです。
you tube見ればテニスの練習方法なんていくらでも出てきますからね。

目的。大事ですね。
以前、僕が受けたSCMAというコーチングの資格の
アドバンスコースが来年開催されるようです。
また受講してこようと思っておます。


eto


2019年9月11日水曜日

態度が悪い

『態度が悪いと何一つ学ぶことが出来ない。向上することがない

先日全米オープン優勝したラファエル・ナダルのコーチの言葉です。
彼の本も読んだことあるのですが、
何度もその言葉を彼に言っていたそうです。

良い態度ってなんでしょう?

自分の態度はどうだろう?
人に何かを教わる時、
誰かと接している時、
レッスンをしている時、
試合をしている時

教わる側だけの場面ではありませんよね。
挨拶もそうですね。
自分はちゃんとできてるだろうか?

子供達はちゃんと見ていて、
コーチから学ぶことは技術面だけではありません。

コーチの前に一人の親であります。
良い見本になれるよう心がけます。

eto